フリー外交官の田舎暮らし

”とっと”と申します。日本の田舎でフリーな国際関係のお仕事中。Amazonアソシエイト始めました。

池袋の東京豚骨ラーメン

第五回となる今回もラーメンを紹介します。

おそらく次あたりで一旦おしまいにして次からは私の大好きなビールの特集に入る予定です。世界を7周して味わったビールをテーマに少し内容の濃いものを数回にわたり書こうと思います。よしなに。

さて、前回の記事ではあっさりを極めた塩ラーメンを記事に取り上げましたが、今日はいつも通り(?)こってり濃い味系です。ところで先ほど私はビールが大好きと書いたのですが、当ブログで取り上げるような油っこい食事とビールの相性は最高だと思います。イギリスのフィッシュ&チップス、ドイツのソーセージやロシアの脂たっぷりベーコンなど油+ビールの魔力には抗えないものがあります。こってりしたものを食べたあと、一気に冷たいピルスナーをごくり。たまらないです。それでは今回のこってり麺をご紹介いたします。

 

f:id:tottosensei:20170921185756j:plain

屯ちん

 

本店は池袋西口にありますが、私は今回東口から徒歩一分のお店にお伺いしてきました。食券方式でスープは豚骨か豚骨魚介から選べます。今回はシンプルにお米との相性がよい豚骨を選びました。もちろんトッピングには味付き白髪ネギを追加、そして「油多目」と言えば対応してくれるアブラーに優しいお店です。

このお店なんとライスが無料、さらに辛子高菜とおろし生にんにくもセルフサービスなので高菜飯が造れてしまいます。油たっぷりのラーメンと一緒にお米をかきこみたい私は感無量です。

まずはスープを一口。濃厚で塩味の強い、ライスに合いそうなとても良いスープです。濃さに負けないよう選ばれた麺は強烈なスープに負けておらず、ズルズルっと啜ると油と絡まってとても良い感じ。

味付き白髪ねぎはそれほど辛くないのでたっぷりスープを絡ませてご飯の上に載せてからいただきます。これがたまらなく美味しい。好みで辛子高菜と合わせてもGoodです。辛子高菜の辛さがこってりスープで緩和されご飯と合わせるのにちょうど良くなります。

半分ほど食べたならぜひ味変を行ってください。セルフトッピングの辛子高菜とおろし生にんにくを入れてスパイシーこってりな味を楽しめます。そして残ったスープを最後にご飯と共にいただく、にんにく高菜脂のおじやを是非お試しください。

最後の一口まで楽しめるお店でした。

ごちようさまです。