フリー外交官の田舎暮らし

”とっと”と申します。日本の田舎でフリーな国際関係のお仕事中。Amazonアソシエイト始めました。

空港からアクセスできるラーメン屋さん

前回紹介したお店は成田空港付近でしたが、今回は羽田からのアクセスが楽です。

さて、またラーメンの記事になります。ブログを始めたて故になにをどう書いて良いやら手さぐりの状態なので、書く練習も兼ねてしばらくはお気に入りのラーメン屋を紹介しようと思います。何分、食べ物の記事というのは故人の嗜好が強く反映される内容になるので、もしかしたらこの記事の意見とは異なる見解になる方もいるかと存じます。

しかし、「油、背脂、こってり、ライス、濃いめ」以上の言葉に惹かれる方は紹介するお店を気に入ってもらえるのではないでしょうか。がっつり頂くアグレッシブなラーメンをお探しの方は是非参考にしていただければと思います。

 

それでは本題です。

この間アメリカで仕事を終えた後、懐が厳しいので初めて羽田着の深夜便を利用しました。羽田空港に着いたのはたしか午後11時ごろ。その時間でも運行しているバスは何本かあり、私は予約しているホテルのある蒲田へと続くバスに乗車。蒲田駅付近で降りた後にホテルへと向かい、スーツケースなどの荷物をフロントに預けて晩御飯の散策へと向かいました。

駅から歩いて数分。路地に向かった建物の一角。12時を周ろうというのにほぼ満席状態のお店を見つけました。

 

f:id:tottosensei:20170917152741j:plain

らーめん 潤 

新潟ラーメンという、大量の煮干しで採ったスープと岩のりが特徴のラーメン。

写真はトッピングの玉ねぎ追加です。(香味根菜が大好きなのです)

麺は太麺でコシが強くモチモチとしています。スープは濃い味ですが、煮干しの出汁が程よくさっぱりしていてごくごくと飲めてしまうくらい軽快です。スープだけならば。

というのもこの新潟ラーメン。写真ではわかりづらいですが背脂が売りなのです。私が注文したのは少な目ですが、それでも他店と比べるとびっくりする量です。背脂の量は調整でき、最大が鬼レベルだそう。もうなんだか想像もつきませんが、こってり好きとしては次回挑戦してみたいです。

濃いめのすっきりスープと背脂のコクが合わさると、ライスのお供としては最高のパートナーになります。もともと新潟ラーメンはライスと合うようにスープを調整したものですので注文の際には是非ともライスをセットで頼むことをおすすめします。もし食券を忘れても店員さんに直払いでOKですので、お腹に余裕のある方は是非ともラーメン+ライスで新潟ラーメンを堪能していただきたいと思います。

立地は蒲田駅より数分なのですが、羽田空港から深夜に蒲田方面に出ているバスならばお店から1分圏内に止まってくれるので、深夜フライトでお疲れの方におすすめです。テーブルトッピングのにんにくを入れて、旅疲れを吹き飛ばしましょう!

 

それでは、ごちそうさまです。