フリー外交官の田舎暮らし

”とっと”と申します。日本の田舎でフリーな国際関係のお仕事中。Amazonアソシエイト始めました。

テラス(外)で食べる食事:アメリカ生活

こんにちは。忙しさにかまけて気を抜いていたら前回から4日も経ってしまいました(言分け)。

ここ最近の日本では、急激に気温が下がったり一日中雨だったりする日が多いので今回はカラっと晴れたフィラデルフィアの写真から始めてみます。

f:id:tottosensei:20180618191925j:plain

テラスごはんの文化

写真はお仕事で行ったフィラデルフィアの街の一角で、散策中に立ち寄ったアウトドアレストランでの一枚。都会と自然、古い建物が入り混じった素敵な場所でした。

アメリカを始め、イギリス、ヨーロッパの各地ではこういったテラス(屋外)を飲食スペースに使っています。路地に伸びた喫茶店やパリの地下街など、うまく密集地で切り盛りする工夫がされていますね。飲食ではないですが、ロンドン地下鉄"Tube"も場所を利用した素晴らしい設備だと思います。

f:id:tottosensei:20180618194229j:plain

私が暮らしていたアメリカの都市では、こういった外で食事を取る機会が結構あり、休日など人の集まるときは表で集まって食事をしていました。写真はお世話になった教会の牧師さんの家の庭で、ランチパーティーの準備中に取った一枚。素敵なお庭です。(映る全てが個人宅ではなくて木の内側あたりまでです)。

集まる目的は懇親、親睦などいろいろだと思いますが、外で食べる一番の目的はそれが一つのレジャーになっているからだと思います。

私は体験したことないのですが、アメリカ式バーベキューは手作りメニューが多くてソースですら手作りらしく、作る過程もの1つの趣味なのかなーと思います。

外でごはんと言うと日本ではピクニックなどのアウトドアをイメージされる方も多いと思いますが、ぜひ海外に訪れる方は表で食べる食事を体験欲しいと思います。きっと素敵な時間を過せると思います。

f:id:tottosensei:20180618200718j:plain

ロンドンのマーケット内にあるレストランです。ロンドンは短い雨が頻繁に降るため、ガラス屋根の工夫がされています。ちなみにこれはパリのパサージュも同様です。外か中か微妙ですが、こちらもランチタイムを素敵に演出してくれます。なにより都会の中の解放感が良いですね。

外で食べる文化には、フードトラックという移動販売車もあります。日本ではケバブやクレープが多いですが、アメリカは非常に多種多様な食べ物を販売しています。なかにはお寿司もどきですらも。。。

フードトラックオレゴン州ポートランドの名物になっているので訪れる方は是非にはおすすめします。おすすめはステーキサンドかエジプト料理です。

基本的に、店外にスペースを持っている所は気候も乾燥しているため過ごしやすいです。私が住んでいたオクラホマ州も気温差はあれど全体的に非常にカラっとしているため不快さはなかったですね。

これから海外へ行く方は、なにか質問等がありましたら分かる範囲でお答えします。今回はアメリカの食文化、外で食べる文化について質問があったため記事形式でご紹介しました。

参考になれば幸いです。それでは。